イーロン・マスク、堀江貴文、成毛眞... これら3人の成功者たちは皆、少年時代に○○を読んでいた!

イーロン・マスク、堀江貴文、そして元マイクロソフト日本法人社長の成毛眞。これらの成功者たちの本を読むと、彼らが少年時代に「ある本」を共通して読んでいたことに気付いて、驚いた。その本とは何か、ご存じだろうか。 その答えとは・・・・・・・・・・…

私が抑うつ状態となったのは、働き方改革のせいだと思う

先日、心療内科で「抑うつ状態」と診断された。それで現在、仕事を休職している。抑うつ状態となった原因は明らかに仕事のストレスだ。うつ状態から立ち直った暁には、現在の職場を退職する予定である。私の現在の職場は、いわゆる東証一部上場企業で、それ…

【就職】「とりあえず3年」という呪い

新人が「会社を辞めたい」なんて口にすると、いわゆる"普通"の方々による返しの常套句として「とりあえず3年働いてから考えろ」というのがある。この「とりあえず3年」というのには、何の根拠があるのだろうか。 私は、新卒で今の会社に入社して約1年経った…

【書評】「仏教って意味不明」そんな人にこそ読んでほしい─『禅の教室』

『禅の教室』(中公新書) を読みました。この本は対談形式で、曹洞宗僧侶の藤田一照さんが、詩人の伊藤比呂美さんに「禅とは何か」をレクチャーしています。「仏教」とか「禅」に興味がある人ならば、絶対に読んで損はない一冊です。かくいう私も、仏教や禅は…

【書評】ジャズを聴きながら読みたい──『ジャズ・ガイドブック』

「好きな音楽は?」と聞かれたら、キメ顔で「ジャズ」と答えてみたい。そんな阿呆な願望を叶えるためだけに、私は最近 (とは言っても、1年くらい前から)、ジャズを聴き齧っている。しかし、「ジャズを聴くことは知的だ」というイメージは、すなわち「ジャズ…

読書家のフリをする方法【連載:教養があるフリをする方法】

この記事は、連載『教養があるフリをする方法』の第1回です。本シリーズを通読しても、本物の「教養」は、一切得られないことを保証します。いつの日か、この連載が書籍化される日を妄想しながら書いています。 今回は、読書家のフリをする方法について、解…

ムダと変人が世界を変える!──『京大的アホがなぜ必要か カオスな世界の生存戦略』

こんな人にオススメ! 自分を変人だと自覚している人 規則や常識に縛られた、マジメな世の中に不満を感じている人 教育に関わる人 私は、京都大学を出ている。地元は関東だから、「なぜ東大ではなく、京大を選んだのか」と良く聞かれる。正直なところ、その…

変わり者であることに「生きづらさ」を感じている人には絶対に読んで欲しい──『12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと』

昨日の朝、いつも通勤で使っている電車が、人身事故で遅延した。なかなか来ない電車を待ちながら、ツイッタで「〇〇線 人身事故」と検索すると、「〇〇線で人身事故起こした奴死ね、てか死んでるかww」「迷惑なんだよ、家で死ね」といった心無いツイートが目…

山田詠美『僕は勉強ができない』VS 竹中平蔵『竹中式マトリクス式勉強法』

山田詠美の代表作『僕は勉強ができない』を読んだことがあるだろうか?私は数年前に読んだ。衝撃的に面白い小説だった。しかし、このタイトルだけは、ずっと腑に落ちなかった。主人公の時田秀美は、確かに"試験"勉強はできない。けれども、口は上手いし、地…

日本史上最強のエコノミストで打線組んでみた──『偉人たちの経済政策』

偉人たちの経済政策 (角川新書) 作者: 竹中平蔵 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2019/04/10 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 『偉人たちの経済政策』は、日本史上の偉人たちの経済政策に着目した一冊だ。著者は、小泉政権で経済政策のブレー…