子供が「Youtuberになりたい」と言いだしたら、それはチャンスだ

これは読書とは関係ない、ただの戯言を綴った記事である。ただし、終盤では、本記事の主題に関連するオススメの書籍を紹介している。

 

最近は、小学生のなりたい職業ランキングでは、Youtuberが上位ランクインするらしい。頭の固い大人たちは、「けしからん。もっとまともな職業を目指せ」とのたまうだろう。だが、私はもし自分の子供が「Youtuberになりたい」と言い出したら、これはチャンスと捉えるべきだと思う。何故ならば、これはビジネスやマーケティングについて学べる。絶好の教育の機会だからだ。

Youtuberには、なりたいと思ったら、すぐになれる。内容はともかく、とりあえず動画を一本撮ってアップすればいい。作家の森博嗣先生が、「小説家なんて誰でも簡単になれる。小説を一本書けばいいだけだ」ということを書かれているが、それと同じだ。

初期投資だって、せいぜい10万円以下だろう。塾や習い事をやらせると思えば安い。「お金がかかるからYoutubeはやらせない」という言い訳は、よほど家計が苦しい家庭でしか通用しない。

だから、子供が「Youtuberになりたい」と言い出したら、すぐにやらせてみればいい。まずは、あまり口出しをせず、自由にやらせてみるのがいい。社会問題や犯罪には繋がらないように、最低限の注意を払うくらいで十分だ。

自由にやらせてみれば、子供たちは自ずと「Youtubeで視聴数を稼ぐのは難しい」という事に気付くだろう。大半は、労力に見合わないことに気付き、Youtuberへの夢を諦めるだろう。ここで「Youtuberなんてなれないことに気付いたでしょ。だから、もっとまともな職業を目指しなさい」なんて言って、世の中の残酷さを実感させて、子供たちの成長の芽を潰すのも、それはそれで真っ当な行為だろう。けれども、それでは勿体無い。せっかくの教育の機会だ。もっと有効活用したい。

子供たちが自ら「Youtuberになるのは難しい」と壁にぶち当たった時点で、アドバイザーとして大人たちが介入するのがベストだ。漫画『HUNTER HUNTER』では、主人公である子供たち(ゴン・キルア)が、様々な強敵(ヒソカ、旅団、キメラアント…etc)に遭遇する。そこを切り抜ける上で、鍵となるのが師匠(ウィングさん、ビスケ)との出会いだ。彼らとの出会いがなければ、いくら才能に恵まれているとはいえ、ゴンもキルアも、ヨークシンシティ辺りで野垂れ死んでいたに違いない。要するに、大人たちが師匠となることで、子供たちをYoutuberとしてサバイブさせるのだ。

「子供たちにYoutuberとして成功するための方法をアドバイスしろって言われても、そんな事知るかよ」と思われる方が大半だろう。けれども、特別な事を教える必要はない。ビジネスやマーケティングの常識を教えれば良いだけだ。

例えば、利益とは何ぞや、という事を教えてあげる。(売り上げ−動画を撮るのに掛かった経費=利益)だ。ビジネスの常識だ。では、利益を増やすにはどうすればいいか、と考えさせる。答えは簡単だ。売り上げを増やすか、経費を減らすか、のどちらかだ。(利益/掛かった時間=時給)という概念も重要だろう。こうやって、算数で習った四則演算が、実際のビジネスの中で活きてくる事を実感できるのが良い。数学を学ぶモチベーションにも繋がるはずだ。

また、マーケティングの考え方を学ばせることも重要だろう。Youtube界は、すでに市場がかなり出来上がっている。だから、新規参入者が成功するには、差別化やポジショニングが重要になる。そうやって、ブルーオーシャン戦略やランチェスター戦略といったマーケティングの手法を、ゲーム感覚で学ばせる事ができるのだ。

そして運良くヒットすれば、実際の収益にも繋がる。仮にYoutuberを職業とする訳では無いにしても、Youtubeを通じて得られたお金や知識、経験、知名度SNS等での人脈は、その後の人生・ビジネスにおいて絶対に役立つに違いない。他者の一歩先を行く人間になれることは間違いないのだ。

子供が「Youtuber になりたい」と言い出したら、絶対にやらせてみた方が良いという事に納得して頂けただろうか。最後に、Youtubeを教材として使うにあたって、読んでおきたい、あるいは子供たちに読ませたい本を3冊紹介したい。

 

1冊目は愛馬大介著『YouTubeで食べていく』だ。Youtubeで稼ぐことの実情が書かれた一冊だ。Youtuberとして成功するには、運・能力・努力(工夫)の全てが必要で、簡単になれる職業では無いことが良く分かる。

YouTubeで食べていく?「動画投稿」という生き方? (光文社新書)

YouTubeで食べていく?「動画投稿」という生き方? (光文社新書)

 

2冊目は大槻ケンヂ著『サブカルで食う』。ミュージシャン・作家の大槻ケンヂ氏は、"好きなことで生きていく"ことの草分け的な存在だ。好きなことで生きていくためには、運・才能・継続の3点セットが重要で、運・才能に関してはどうにもならないから、とにかく継続するしか無いと書かれている。つまり"好きなことで生きる"とは、決して楽な生き方では無いのだ。

 

3冊目は永井孝尚著『100円のコーラを1000円で売る方法』。ストーリー形式で、マーケティングの考え方を学べる良書だ。マーケティングの考え方は、Youtuberとして成功するためだけでなく、どんな職業に就くとしても必須なスキルだ。この本は中学生でも読めるくらい読みやすいから、未読の方は是非読んで欲しいし、出来れば子供たちにも読ませて欲しい。

100円のコーラを1000円で売る方法

100円のコーラを1000円で売る方法