【就職】「とりあえず3年」という呪い

新人が「会社を辞めたい」なんて口にすると、いわゆる"普通"の方々による返しの常套句として「とりあえず3年働いてから考えろ」というのがある。この「とりあえず3年」というのには、何の根拠があるのだろうか。

私は、新卒で今の会社に入社して約1年経ったところだが、「会社辞めたい」モード全開である。入社する前から、自分が会社員向きの性格では無いことはわかっていた。ただ、予想以上に、会社員生活は辛かった。というか、現在進行形で辛い。もう、辞めたい。

しかし、世間的には「とりあえず3年」は働いてから、転職するなり、留まるなりを判断するのが"正しい"とされる。実際に、私の上司も、飲み会の席で「とりあえず3年は働かないと話にならない」というニュアンスの事を口にしていた。

正直、この環境で、自分があと2年もつとは思えない。あと2年の間に、自分から辞めるか、あるいは精神が壊れるか、その2択の未来しか考えられない。「とりあえず3年」という選択肢は、私にはない。

この「とりあえず3年」には、何の根拠があるのだろうか。はっきり言って、何の根拠もない、と私は思う。中学校や高校では、3年区切りで卒業する。同じように、3年続けたら、一つのステージを「卒業」できたと考えていい。そんな類推によって、適当に決められた「3年」という区切りに過ぎないと思う。

そもそも、人が適性を見極めるのにかかる時間には、個人差があって当然だ。職種や業種によっても、大きく異なるだろう。それなのに「とりあえず3年」が、どんな人あるいは会社においても成り立つ"常識"かのように思われているのは、おかしい。

就活生にとってのバイブル『四季報』には、3年後離職率が載っている。これも「とりあえず3年」という"常識"を支えているのだろう。3年後離職率を下げないために、「とりあえず3年」という呪いを新人にかけるのだ。「とりあえず3年」というのは真理でも何でもなく、ただの"呪縛"に過ぎない。

だから、3年経ってなかろうが、会社を辞めたってかまわない。そう自分を奮い立たせ、GW明け、上司に退職を切り出したい。

いやぁ...憂鬱だなぁ...